MEMBER

メンバー紹介

YUKIGAYA STATION MEMBER 大田区 【雪谷】

わがや訪問看護リハビリステーション雪谷で活躍しているメンバーをご紹介いたします。

地域の皆様が安心して暮らせるよう、
しっかりとサポートさせていただきます

写真:

所長 常世田 かおり

高校卒業後、大手外食チェーン店に就職、その後、人材アウトソーシング会社、海運会社などの企業で人事・総務・営業職を経験しました。
第2子の出産後、昔から憧れていた看護師を目指し、看護学校へ入学。
資格取得後は、精神科、小児科、総合外来など病院で勤務をしてきました。

コーヒーと日本酒と写真撮影が大好きで、休日は趣味を満喫しています。

ー 訪問看護をはじめたキッカケ
病院での仕事も大好きでしたが、ご自宅での皆様のライフスタイルを踏まえた、臨機応変な対応が必要になる訪問看護の世界に魅力を感じました。

ー わがや訪問看護リハビリステーションについて
わがやのメンバーは、皆、それぞれの熱い想いをもって日々の訪問をしてくれていると感じています。
ひとりひとりが、自慢の人財です。
地域の皆様が安心して暮らせるよう、しっかりとサポートさせていただきますので、どんな些細なことでも、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

地域の皆様の役に立てる看護師を目指しています

写真:

看護師 柏木 元子

看護学校を卒業後、急性期の病棟や外来で看護を経験してきました。これからは、地域の皆様の役に立てる看護師を目指しています。
趣味と言うほどではありませんが、ミュージカルや芝居を観ること、小説を読むことが好きです。今度、古典作品の読破に挑戦したいと思っています。

ー 訪問看護をはじめたキッカケ
「その人らしく生きる」を支えるのが、在宅看護ではないかと思い、訪問看護に挑戦してみようと思いました。まだまだこれからですが、利用者さんに何ができるか常に考えていきたいと思います。

ー わがや訪問看護リハビリステーションについて
まだ入職して日が浅いのですが、専門職だけでなく、事務職も利用者のことを一緒に考えている職場だなぁと感じました。
フットケアについても、勉強会を行うなど常に向上を目指す雰囲気のあるステーションです。

その人らしく安心して過ごせる事を大切にしていきたいと思っています

写真:

看護師 池田 晃子

小学生の時に看護師になりたいと思いそのままこの道を進んでいます。外科、内科病棟、訪問看護を経験してきました。両親、祖父母、曽祖母、5人兄弟のお家で育ってきました。

ー 訪問看護をはじめたキッカケ
病棟経験を経てお家で過ごしたい方の力になりたいなと思いました。私も最期までお家で過ごしたいという想いがあります。その人らしく安心して過ごせる事を大切にしていきたいと思っています。

ー わがや訪問看護リハビリステーションについて
個性豊かで看護師としても人としても経験豊富な方々が多いなと思います。わがやと言う名前の通りアットホーム感があります。

「その人らしくお家で暮らすこと」を支援し続けたいです

写真:

作業療法士 リーダー 若松 智昭

専門学校を卒業後、回復期から介護、療養病棟でリハビリテーション業務に従事。
身体、精神(心)、生活活動、環境などを包括的に捉え「その人にあった、その人だけのオーダーメイドな支援」をテーマに日々リハビリテーションを実施しています!

ー 訪問看護をはじめたキッカケ
「その人らしくお家で暮らすこと」を支援したいと訪問リハビリへ転職。
訪問分野では、小児から高齢者まで幅広いご利用者様へリハビリテーションを提供しています。

ー わがや訪問看護リハビリステーションについて
本来の生き方をともに実現しよう!をテーマに、様々な経験をお持ちの社長、役員、ベテラン看護師と療法士が融合し、様々な状況のご利用者様に共感し支援することができる職場です!

「いつまでも歩ける足にしてあげたい」という想いで、
お一人お一人に長く関わっていきたいです

写真:

理学療法士 𠮷井 尚雄

わがやに入職する前は、脳神経外科病院で急性期、回復期、訪問リハビリを経験。また、サッカーチームのトレーナー業も兼務。
多種多様な疾患、幅広い世代に対してリハビリを行ってきました。

ー 訪問看護をはじめたキッカケ
特に脳の病気において、一般的には、退院後の大幅な機能回復は見込めないと言われていますが、発症から数年が経過しても機能回復が望める方が多くいるのが現状です。脳の病気だけでなくその他、怪我や病気にかかった方々も同様です。
「いつまでも歩ける足にしてあげたい」という想いで、お一人お一人に長く関わることができる訪問看護に決めました。

ー わがや訪問看護リハビリステーションについて
もし私が利用者側の立場だったら、わがやのような確かな知識、技術をもった看護師、療法士、誰よりも利用者想いの事務員がいるステーションにみてもらえたら幸せだなとつくづく感じております。

足や爪の大切さを痛感。
フットケアに関われることに喜びを感じています

写真:

看護師 佐藤 文枝

長野県出身、埼玉県所沢市在住。40代で看護師となり、自分の足の不調からフットケアに興味を持ち、サロン展開。6年ほど女性の足に関わってきました。回復期リハ病棟にいた頃感じた事は、足や爪の大切さ。特に高齢者に対してケアされていない現状がありました。今やりたい事をやるべきと考え、サロンから出張フットケアに切り替えて主に老人ホームで足の爪切りをしています。

ー 訪問看護をはじめたキッカケ
訪問介護に関わっている中で、看護師の仕事の素晴らしさを目の当たりにし、声かけ一つで患者様が元気になっていく訪問看護の現場も見て憧れていました。病棟看護師となり、足の大切さを感じる中でフットケアを知りました。その後セラピストとして活動する中で訪看の中でもフットケアがあると知り、わがやにお世話になることになりました。

ー わがや訪問看護リハビリステーションについて
看護師としての仕事はもちろんですが、フットケアに関われることに喜びを感じています。
フットケアを語れる環境があります。コロナの影響でシステムが変わり、分からないことを聞いても笑顔できちんと教えてくれ、皆親切です。

人の役に立つ仕事がしたい。これが看護師になった動機です

写真:

看護師 越野 寿美礼

非常勤で訪問看護に勤務しつつ、フットケアサロンも運営。2人の息子の母。
JTFA認定フットケアスペシャリスト、米国IIR認定インガムメソッドリフレクソロジスト

ー 訪問看護をはじめたキッカケ
人の役に立つ仕事がしたい。これが看護師になった動機です。
たくさんの患者様と関わる中で、足のトラブルを抱える方が多くいらっしゃることが気になりフットケアを学び、それを活かせる環境として訪問看護へ。

ー わがや訪問看護リハビリステーションについて
足のトラブルにもしっかり対応できる、アットホームな雰囲気のステーションです。

どのような状況にあっても最期まで「らしくある」お手伝いがしたいです

写真:

作業療法士 松本 千子(ゆきこ)

大学を卒業後に事務職をしておりましたが「困っている方を直接お手伝いしたい」と想い、病院でリハビリ助手をしながら、夜間の専門学校に通い、免許を取得しました。
その後は、病院の回復期と整形外科で高齢者の方々を中心に作業療法を提供し、在宅設定も経験しました。
その中で、発達に興味を抱くようになり転職、現在は非常勤として高齢者デイサービスや子どもの療育施設を兼務しております。

ー 訪問看護をはじめたキッカケ
病院勤務時代から、入院中の患者様と在宅での「その方らしい生活」にギャップを抱き、悶々とする事が多く、どのような状況にあっても最期まで「らしくある」お手伝いがしたいと考え、訪問リハビリでの仕事を始めました。

ー わがや訪問看護リハビリステーションについて
わがやの理念に深く共感し、また以前からフットケアの大切さを痛感しておりました。
看護師との連携がしやすく、ケアにより身体機能向上にも繋がり、作業療法士としても在宅生活の支援が行いやすいと、感じております。